はじめに
『クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声』

第2弾である前作 『血塗られた天女伝説』 同様、今作も「現代日本+超常現象」という世界観だけを共有した独立のシナリオなので、
過去作をプレイされていなくても単体でお楽しみいただけます。
『血塗られた天女伝説』 のようにちょっとした過去作のネタは入れる予定ですので、過去作をプレイされているとよりお楽しみいただけます。

また今作は、過去作と比べて「クトゥルフ神話」要素が濃い作品となります。
あらすじ
2016年4月7日木曜日、午後7時。

H県K市のとあるマンションの一室。
テレビに映るニュース番組から、不穏な情報が流れてきます。

[K市を中心に]
[連続変死事件]
[死因不明]

それを見て顔をしかめるあなたのもとに、ひとつの小包が届けられます。
差出人は不明。
小包を開けてみると、中にはごく普通の水晶玉が入っていました。
覗き込むと、まるで吸い込まれてしまいそうな感覚に襲われます。
不思議に思いながらも、特に気にはとめず、眠りにつくあなた。

その夜、あなたは奇妙な夢を見ます。
蒼く暗い闇の底から、あなたを呼ぶ声が聞こえてきます。

翌日、奇妙な夢の原因が水晶玉ではないかと思ったあなたは、
超常現象の調査で有名な「烏丸超常探偵事務所」のことを思い出しました。
主人公
今作の主人公は、過去作のカスタマイズ要素に加えて「年齢」も設定することができます。
「20代」「30代」「40代」から選ぶことができ、年齢によって能力値の初期値が異なります。
(大まかに、若いほど筋力や頑丈さなどが高く、年齢が高くなると知力や精神力などが高くなります)

以下、主人公イラストのラフ画(左から20代・30代・40代)


イラスト:キジトラシロ
仲間
とある超常現象に巻き込まれ、「烏丸超常探偵事務所」に身を置くことになるあなたは、
調査員としてK市に起こっている様々な超常事件の調査に乗り出します。

そんなあなたを手助けする個性豊かな調査員たちは、何やら不思議な力を持っているようです。
以下は調査員たちの一部です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■榊 凛太郎(さかき りんたろう) 22歳 ※キャライラスト準備中
 大学を卒業して烏丸超常探偵事務所に就職した新米調査員。
 ちょうどこの4月から初出勤ということで、最初の調査からあなたに同行することになる。
 運動神経は良い方だが、オカルト関係が大の苦手。
 その苦手なことに関わるこの仕事を選んだのは、自分の持つ「不思議な力」で困っている人を助けたいという正義感あふれる気持ちから。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■秋本 楓(あきもと かえで) 19歳 ※キャライラスト準備中
 高校3年の時から調査員としてアルバイトをしており、今年で2年目。
 小学生の時にたまたま見た雑誌に載っていた、「最年少の女性空手世界チャンピオン」に憧れて空手をはじめた。
 小柄な体格だが、持ち前の俊敏さを活かして現在は空手一段。
 また、エンジニアである父親を見て育ったため、機械いじりやコンピューターの扱いも得意。
 凛太郎同様、何らかの「不思議な力」も持っている様子。
新要素
上記の「年齢」設定に加え、様々な新要素があなたを迎えます。
以下はその一部です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■アイテムの製作と合成
 新たな技能「製作」を持っていると、物語の拠点である「事務所」でアイテムの製作や合成が行なえます。
 製作は素材からアイテムを生み出し、合成はアイテムを組み合わせて新たなアイテムを生み出します。
  製作例:木材1+鉄くず1=木の矢3本
  合成例:鎌+鎖=鎖鎌
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■追加技能
 「目星」や「鍵開け」などの基本技能とは別に、イベントなどで習得し、成長させることができる追加の技能があります。
 シナリオには関係のない「誰かに習ったり」「物事から学ぶ」ことが主な入手手段となります。
  例:剣術:剣術系武器を装備した時の攻撃力と出血率が上がる。町のとある道場で習うことで習得。
       集中力:魔術で与えるダメージが上がる。自宅でゲームをしたり瞑想をすることで習得。

 これらの追加技能は、何度も習うことで効果が上がっていきます(例:剣術1→剣術2)
 ゲームクリアに必須ではありませんが、調査の合間や時間に余裕ができた時に通うことで、戦いが楽になるでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■お店と買い物
 今作はひとつの都市が舞台ということもあり、様々なお店が登場します。
 コンビニ、スーパー、商店街などで調査に必要なものを買うことができます。
 気になる「お金」の概念ですが、使える金額に上限はありません。「在庫」がある限り、買い放題です。
 そのかわり使った金額が「調査費用」という形で記録され、「調査結果」に影響します。
 あまりにも大きな出費をすると調査結果に悪影響を及ぼし、購入したものは調査後に回収されてしまうでしょう。
 しかしそれでも、序盤でいきなり「強力な武器」を手にして戦いを楽にするのも、ひとつの選択です。
 
開発中のスクリーンショット

名前に迷った時のランダム命名(顔グラは仮のもの)

職業は前作の2倍以上。右下の空白は…


新たな技能「製作」と適正外技能の取得


都市フィールドから各マップへ移動するシステム